読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のべつまくなし

自称本の虫。INTP型。

読書で頭は良くならない、しかも微塵も

まえおき

もちろん、タイトルに異論を唱える人は山ほどいるだろう。「私は本を読んで頭が良くなったぞ」と自負している人がたくさんいることは僕も知っている。

頭の良さという言葉の定義は人それぞれで微妙に異なるから、ここでは言葉の定義から順を追って書いていく。

本題

読書によって高められるのは遂行能力のみであり、したがって頭の良さは読書によってはなんら変わらない。

こう言ってもいい。

読書して利口そうにみられることは出来ても、より利口になれるわけではない。

そう思う理由を書いていく。

まずは言葉の定義から。

  • 本: 著者による一連の命題の提示

本によって著者は、「あなたはこの命題の真偽をどう判断するか?」を読者に問いかける。

  • 読書: 本に書かれている命題を正しく認識したうえで、それを理論的、経験的、価値的に反論しようとする行為

「なるほど、ためになったね〜〜」「う〜ん、著者は終始正しかったなあ」で読書を終わらせるのは論外である。

著者にとってそんな読者は存在してもしなくても何も変わらない。(まともな)著者というものは、自分が正しいと思うことだけを書くのだから。

また読者にとっても、そんな本は元から存在しなくても良かった本といえる。読者にはその本の命題が正しいと判断できるだけの素地がすでに備わっているのだから、遅かれ早かれ、生きていく中で本に書かれているようなことには気づけるはずだ。

ゆえに読書の本質は反論にある。「読者なりの反論の仕方」が本によって引き出されて初めて、読書という経験は有意義になる。

この反論は正当でなくて構わない。もちろん正当であることに越したことはないが。とにかく現状、読者として反論せざるをえないということそのものが、読書の本質をなしている。

  • 遂行能力: なにかしらの行為を成し遂げるために用いられる能力のこと
  • 頭の良さ: 遂行能力を統括・支配する、認識において一段階上位に位置する人格

これらは後に、改めて厳密に定義をする。

遂行能力と頭の良さの僕なりの定義

ところで読書をする際の、反論する自分はどのように形成されたのだろうか?

これは一言でいえば生きていく中で形成されたのであって、一冊の本を読書した2人の読者について、2人の人生が違えば反論箇所も違うだろう。

一冊の本があったら、それを読んだ感想を聞くことでその人の人生を垣間見ることが出来るし、読者間の人生の相対的な比較をすることも出来る。

ということで、ここで遂行能力と頭の良さを、一冊の本によって定義することを試みる。

ある本 $ x $ の読者全体を $R_x$ 、読者 $r \in R_x$ の本 $x$ によって得た「新しい何かしら」を $N_x(r)$ とする。

  • 本 $x$ によって得られる遂行能力 $A_x$ は
$A_x=\bigcap_{r \in R_x}^{} N_x(r)$
  • 本 $x$ によって測られる 読者 $s$ の頭の良さ $I_x(s)$ は
$I_x(s)=N_x(s) \setminus \bigcup_{r \in R_x,r \neq s}^{} N_x(r)$

新しい何かしら $N_x(s)$ には反論も含まれる。とにかく、「その本がなければなかったもの」「読書経験を通じて初めて生じたもの(初めて実在性が認識されたもの)」全てが含まれている。

定義し直した遂行能力と頭の良さを、改めて言葉で言い換えるとこうなる。

  • 遂行能力とは、その本の読者誰もがその本から得られる、新しい何かしらのことだ。その本の持っているチカラそのものズバリ、と言っていいだろう。その本を読みさえすれば誰もが確実に得られる恩恵、それが遂行能力と僕が呼んでいるものだ。
  • 頭の良さとは、その人でないと得られなかった本からの収穫(反論)のことだ。遂行能力がその本から得られた普遍的なものだったのに対し、頭の良さはその人だけが本から得たものを表している。

極端な例で言えば、$I_x(s)=\emptyset$ である時、読者 $s$ の頭はまったく良くないか、もしくは本のレベルが読者 $s$ にとって高すぎて、その本の遂行能力 $A_x$ 以上のものを得られていないことになる。

ちなみに、数式での定義と最初の言葉による定義とは、一応矛盾はしないつもりである。言葉と数式で語り口が違うだけで、僕としては同じものを定義しているつもりである。

頭の良さが特別な読書体験を生み出す

ところで読者 $s$ にとっての読書経験というのは $N_x(s)$ にちがいない。頭の良さの定義式を変形して

$ N_x(s) \subset I_x(s)+ \bigcup_{r \in R_x,r \neq s}^{} N_x(r) $

右辺の第二項は、読者 $s$ が自分の読書体験のうちで誰かしらと共有できる部分の全体を表している。これは読者 $s$ にとってはどうしようもない部分であるから、読者 $s$ の読書体験を実質的に左右するのはその頭の良さということになる。

(上の定義に基づいて話をすればだが)頭の良い人は読書によって独自の何かを得ている。頭の悪い人は、頑張って本 $x$ を読むことでその遂行能力 $A_x$ を得ることは出来る。しかしそもそも、遂行能力があるかどうかは本 $x$ を読むか読まないかの違いでしかなく、そのようなものを携えて他の本 $y$ を読んだ所で $|I_x(s)|<|I_y(s)|$ となる、すなわち頭が良くなるとは考えられない(実際に $R_x = R_y\Rightarrow|I_x(s)|=|I_y(s)|$ は示せそう)。

頭の良さは相対的なものなのだから、頭の良い人より多くを得なければ頭が良くなれない。しかし読書で得られるものというのは、既に頭の良さによっている。読書によって得られる何かというのは、もっと頭の良い人には当然得られるものなのだから、読書は頭の良さを向上させてはくれない。というのがこの定義による議論の要旨だ。

くれぐれも僕は、「読書には何の意味もないんだよ」とは言っていない。読書をすればするほど遂行能力は蓄積され、そうなれば生計を立てるのも、人間関係を築くのも、感情に対処するのも、色々なことを容易に出来るようになるからである。

ただ、 なんというか運命的な、頭の良さの鍛えようのなさ、不変性があることはどうやら本当らしいという実感、仮にそんなものがなければ「馬鹿に付ける薬はない」「馬鹿は死んでも治らない」などの格言も生まれようがなかったよなあという見解は、日々強められるばかりなのである。

おまけ

世界の本全体の集合を $X$ として、人物 $p$ の絶対的な頭の良さ $I(p)$ は次のように定義できそうである。

$I(p)=\bigcup_{x \in X}^{} I_x(p)$

この集合と包含関係についての順序を考えれば、頭の良さに基づいた人類の順序集合が(理念上は)出来上がる(比較可能性はいえなそう)。