読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のべつまくなし

自称本の虫。INTP型。

挫折と足場

音楽とだけ戯れていたいけれど、才能がなければそういうわけにもいかない。

音楽的才能に恵まれかつ研鑽を重ねる人たちの足場となるのが私の望みであり願いだ。

いつの時代も人類は、天才とその足場に二分される。

天才は独りでは天才たりえない。数え切れないほどの無念と羨望とに晒され続けながら、不純に蠢く権力への意志を否定し尽くしたころ、やっと舞台が調う。凡百の生半可な才能と誤謬的な使命感を踏み越えて、天才は登りつめる。

凡人の役割はその過程における環境の整備、及び天才の確信の強化への寄与である。

凡人が凡人なりに生きて初めて天才はより高みへと近づき、その才能を謳歌できるというわけだ。

凡人はその恩恵にあずかれる。音楽の場合の恩恵は、作品による魂の浄化と初心の喚起だ。

天才の作品はいつでも私の心を、然るべき形に整えてくれる。望ましい指向性に導いてくれる。その作用に全幅の信頼をおける。魂の可塑性が天才により保証される。

足場づくりにも精が出るというものだ。