読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のべつまくなし

自称本の虫。INTP型。

「閉塞できない人」が閉塞感を振りまく

悪政に導かれる民衆、という構図は見誤りで、怠惰な民衆をしょうがなく導く政治、の方が日本の現状をよく表している。責任転嫁だけに長けた愚者に対して、誰かが悪役を演じ、矢面に立たなければならない。今はそれが首相というだけ。

働き方改革が本当に必要か?成熟社会で生産性が頭打ち?残業削減が喫緊の課題?どれも真実味に欠けているようにみえる。それらは本当に構造(制度)の問題なのか?

構成要素の問題だろうと。頭が〇〇な人が多いだけだろう、と。例えば残業を規制したところで、その規制の範囲内でまたヒイコラ言いだす人達はおそらく消えない(かといって、構成要素に働きかけるには構造の変革以外にないのかもしれないのだけれど)。

 

 

 

私の狭い視野にすら、愚者は溢れている。かくいう私もどうしようもない愚か者だが、この愚かさの責任を政治に問うつもりは少なくとも毛程もなく、むしろ日本という環境の恵まれ具合に感謝している。愚かでありながらのうのうと生きられるこの環境に。

環境は十分整っており、それを活かす器が多く育っていないだけと感じる。多く育てられていないのもまた現環境なのだが。

日本はいま、愚かさを許容し過ぎているのだろうか。私ごときを生かしてなお、この国は国際的に成長しうるのだろうか。

諸悪の根源たる私のような存在が健全に淘汰されるような日本の未来を願っている。愚かで怠惰な人間は野垂れ死ぬべきだという考えは私の中に一貫してある。

/*まあ、愚者が淘汰されたところでその生き残りの下位数%がまた落ちぶれるだけだろうが。働きバチの原理は、愚者には愚者なりの存在意義がなくもないことを示している。それでも、ある程度の淘汰の先には全体の成長がもたらされる。愚者は短期的には不要だが、長期的には必要なのだ。*/

私の見渡す限り、卑屈な愚か者は日本には少ない。いま日本を蝕んでいるのはむしろ、「私だけは大丈夫」という虚妄にとらわれ、あろうことか不当な前向きさを自足する種類の愚か者だと思う。

彼らは本来恥ずべき愚かさを恥じず、本来苦慮すべき浅ましさを苦慮しない。恥や苦慮がなければ、能力や効率性の低さを解消しようというダイナミクスも生まれようがない。

そんな愚者の埋め合わせをするのは、恥ずべきを恥じ苦慮すべきを苦慮する、勤勉で良識ある人々だ。彼らは余計に背負っている。閉塞感があって当然だ。

この種の愚かさは無知に端を発する。無知がそうさせる。人間、知っていないだけで絶対に出来ないことが意外と多い。知っているだけで簡単に出来ることが意外と多い。

そしてそもそも無知は教育の質の低さに由来する。少なくとも未来の世代はまともに育って欲しいから、もう野垂れ死ぬべくして野垂れ死ぬような人間は放っておいて、子どもの教育に投資すべきと心から思う。人口に関しては、むしろ減るくらいが丁度いいという意見に賛同する。

小中学校の教員の劣悪な労働環境をなんとかしてほしい。過労傾向の教員がまともな教育を実現できるとは思えない。いたずらに愚者予備軍を輩出するだけの構造を放置していいのか(そう、こっちは本当に構造の問題)。

小中学校の教師7割、週60時間超勤務 運動部顧問は「午前7時前に出勤」も

/*ところで、こういう時代にうまく振舞って結婚し出産するような夫婦はおよそ優れた精神の持ち主だろうから、子どもも望ましい精神を育むだろう。少子化はさしたる問題ではない。少数精鋭。彼らに高い生産性を期待し、その期待に応じて存分にお金をかけておくのがよさそう。*/