のべつまくなし

自称本の虫。INTP型。

結晶の飽和

音楽でも文章でも、文化的なものは何でもそうだが、私たちが楽しめる形、感覚できる形となる前にそれは、個々の素材(概念)だった時期を経ている。

つまり、個々の概念の単なる寄せ集めでは意味がない。素材を選択し配列することで個々の総和以上の価値を持った何かにこそ、人々は惹かれる。

それを「文化的なものはみな結晶している」と表現してみよう。結晶は個々の素材に分解してみれば何の変哲もない分子だが、それらが秩序をもって規則的に並ぶことで価値(美しさや空間的効率性)が生まれる。

私たちが意味伝達においてなにか有意義なことを為したいと考えるなら、この概念群の結晶化は必要不可欠だろう。

有用さだけでは物足りない。自然本性的な美しさをどこかで織り込みたい。現にそういうものが、歴史上選ばれてきたようにみえる。

いま世界は豊富な素材で満ちている。素材には事欠かない。

しかし、素材の豊富さは必ずしも結晶の質の高さに寄与しない。現実はむしろ逆で、情報の雑多さ、過度の流動性ゆえに、不純物が入り込んだ出来損ないの結晶が量産される。

一方で、一握りの天才たちは手を抜かない。世界には純度の高い結晶の作例がうずたかく積み上がっていく。劣悪な結晶の作り手はますます肩身がせまい。人々はもちろん、より質の高い結晶に興味をそそられるからだ。

ところで、質の高い結晶を作るためにはいくつか要件がある。

  1. 質の高い素材を集めること = 判断力、知力、場数(経験)
  2. よい組み合わせ方をすること = 創造力
  3. 結晶化に適当な時間をかけること = 根気、気の長さ、"時間が解決するもの"

これらを踏まえて、今後の文化の動向を"結晶的"に考える。

飛躍的に進歩したAIは1を満たし、成熟したネット社会の集合知的振る舞いは2を満たすと思われる。

すると、質の高い結晶を少数の天才だけに待望することはなくなるかもしれない。少なくとも(例えば音楽や文芸といった)既存の枠組みにおいては。

その場合、幅広い人々がその才能によらず質の高い結晶を次々と生み出せるものだから、もうそれらは質の高さを保持できない。結晶は値崩れを起こす。

現代が情報(素材)の大量消費時代なら、次代は結晶の大量消費時代だろうか。

そんな世界において「創造性」とは現在のそれよりひとつ次元を高くした概念を指す。天才のハードルはますます高くなる。現代における天才が未来においては凡才ということもざらに起こるだろう。

唯一付け入る隙は要件1にあると考える。

AIが到底質が高いと判断し得ない素材に可能性を見出し、それを結晶化する。

例えば倫理学や哲学など、価値基準を機械言語に変換しづらい学問体系における結晶の価値の下落は比較的緩やかだろう。