のべつまくなし

自称本の虫。INTP型。

天才について

天才性にともなうもの、あるいは天才性そのもの 1.他人の認識の世界にはびこり闊歩する性質。凡人は滅多なことでは他人の思考の対象になることはない。たまになるとしてもせいぜい、嫌悪感、敵意、反感、自己投影の対象にすぎない。それに対して天才は、安々…