ライフハック

読書の指針6_借りるか買うか

0_本を選ぶにあたって 1_損切り 2_体系知 3_自分を保つ 4_本の難易度 5_読んだだけ書く 6_借りるか買うか 答えは明白だ。買うに限る。本当に知的な本の選び方をすれば、出費は微々たるものだ。 綺麗に扱うことを前提にして読む本には、遠慮が生まれる。この…

読書の指針5_読んだだけ書く

0_本を選ぶにあたって 1_損切り 2_体系知 3_自分を保つ 4_本の難易度 5_読んだだけ書く 6_借りるか買うか インプットしたならアウトプット出来るはずだ。 一冊の本を50万字とする。有名な「80対20の法則」に従えば、その本のエッセンスは10万字に凝縮されて…

読書の指針4_本の難易度

0_本を選ぶにあたって 1_損切り 2_体系知 3_自分を保つ 4_本の難易度 5_読んだだけ書く 6_借りるか買うか 「わからないことに直面した時には、わかると思っていることを疑うのがよい。」冷静さを失えば、このような簡単なことですら見失うのが人間である。 …

読書の指針3_自分を保つ

0_本を選ぶにあたって 1_損切り 2_体系知 3_自分を保つ 4_本の難易度 5_読んだだけ書く 6_借りるか買うか 読書の方法論についてネットでさまざまな記事を見ると、ある程度の頻度で議論されていることがある。 「読書をしすぎると、自分の頭で考えなくなる」 …

読書の指針2_体系知

0_本を選ぶにあたって 1_損切り 2_体系知 3_自分を保つ 4_本の難易度 5_読んだだけ書く 6_借りるか買うか たとえば、物理学について知見を広げたいとする。 知識について、大切な原理がひとつある。 体系化されていない知識は役に立たない。体系に組み込まれ…

読書の指針1_損切り

0_本を選ぶにあたって 1_損切り 2_体系知 3_自分を保つ 4_本の難易度 5_読んだだけ書く 6_借りるか買うか くだらない本のくだらなさにどれだけ早く気づき、どれだけ早く読書を中止できるか。これは大事だ。 今している読書は気楽な暇つぶしなのか、それとも…

読書の指針0_本を選ぶにあたって

0_本を選ぶにあたって 1_損切り 2_体系知 3_自分を保つ 4_本の難易度 5_読んだだけ書く 6_借りるか買うか 読む本をどのように選ぶか。 参考になる情報は以下のようなものか。 著者 - 当然、著名な著者ほど読書体験の期待値は高まる。ただし存命な著者はのぞ…

やる気は出るもの

「やる気を出す方法」なんて言葉で溢れている昨今。 もういい加減うるさいよ。もう聞き飽きた。私はなんとしても「やる気は出すもの」という価値観を破壊したくなってくる。 そう。「やる気は出すもの」とはあくまでひとつの価値観、信仰であって、真実では…

感情は一夜の夢

感情と論理は両立困難 生きていく上で何度も行う意思決定。もしその意思決定が本来得られたはずの一貫性や論理性に欠け不完全なものだとしたら、それは感情のせいといってほぼ差し支えない。 このことは脳科学的に証明されつつある。論理的思考と感情の発露…

思ったことを思ったままに口にしていい理由

たまには推敲なしの駄文もいいよね。いつもは推敲ありの駄文。それすなわちただの徒労。 推敲なしの何がいいかというと 執筆時間の劇的削減 飾らないぶん文体の透明感が増す 結局その方が読み手に伝わるということもある 考えながら書くと思ってもみないこと…

検索エンジンの価値を疑うこと

検索エンジンによる情報収集は今や当たり前になったが、目的によっては検索エンジンは手段として最適ではない。私がそう思う理由を書いていく。 需要と供給の原理が世界の根本だ 資本主義に深く根付いた需要と供給の原理は、経済学の根底どころか、私たちの…

9時間勉強するための必要条件19個

以下、一覧です。 はじめに 糖分を常備する 時間のスイートスポットを見つける 良い姿勢を意識する 血行不良に留意する 携行品を確認する 同一科目は長くても3時間 耳と口と手も使う 嫌いな科目ほど早期に片付ける どうしても集中が切れたらテコ入れ 自分よ…

セロトニンシステムについて1

セロトニンとは セロトニンとは、脳内物質であり、主に私達の「睡眠の質」と「活動レベル」を左右します。私達が「よく眠れて」「活発に活動できる」とき、脳内ではセロトニンが正常に分泌されています。セロトニンが幸福ホルモンなどともいわれるゆえんで…

一般的に有効といわれるがわたしには効かなかった うつ療法と本当に有効な療法

はじめに 筆者がいう"有効な療法"とは、「ひとりで、うつっぽいままうつっぽさを治す」ための方法のことです。いつどこでうつっぽくなっても、誰にも頼らず、機械的に、自在にうつから復帰できる方法を見つけないことには、本当にうつを克服したことにならな…

心の動く音楽に出会うただひとつの方法

五感に訴えるのは思考の水準を安定させるのに有効だ。その中でもこんにち手軽かつ有効なのは嗅覚、聴覚の利用だろう。よほどの思い込み、理論武装や凝り固まった主義思想がない限り、ヒトは聴覚・嗅覚への刺激に対してその反応を制御することはできないある…