のべつまくなし

自称本の虫。INTP型。

マイノリティと現代音楽

同じ長三和音がある調ではドミナントなのにある調ではトニック。物理的に同等なはずの音響現象が安心も不安も演出する。

これはおかしい。おかしいことを人間は(ある程度の確信を持って)平気で許容する。つまり人間はおかしな生き物なのだ。

このおかしさが恒常的に発生しうることを認めた人間は自分の解釈に意味を見出さない。一切の確信は抱いた瞬間捨てられる。彼らに安住の地はなければ安息の夜もない。明日になれば何もかもが転倒した世界が開けている可能性に夜も眠れない。自分がいまトニックとして聞いている長三和音が明日ドミナントに聞こえない保証はどこにもない。あらゆる主観はあてにはできない。

かといって客観性、厳密な論理性が安堵をもたらしてくれる訳でもない。論理性すらもおかしな生き物たる人間の所産に変わりはなく、現代では客観性が声高に追求され力を持っているだけにその押し付けがましさがネックですらある。「長三和音は綺麗な整数比で表せるから安心感がある」などと述べたところで、ところでその整数なるものを作ったのは誰だったか?綺麗さとは?客観性は主観の寄せ集め、良いとこ取りに過ぎず、元を辿れば一人の人間の、弱々しくなんの背景も根拠もない主観ではないか。なおかつ、仮に客観性が"本当に客観的"だとして、肝心要のそれらを統合するのは主観である。全ておじゃんだ。

結論真の安息などなく、安息らしきものが散見されるだけである。唯一救いなのは、安息など求める暇もないくらいせわしなく思考するのは可能なことだ。せわしなさは不安も安心も退ける。無秩序と言い換えてもいい。これは音楽で言えば、調性が曖昧なために音像がトニックやドミナントといった区別を超越した状態だ。まさに現代音楽ではないか。解釈の入り込む余地のないことが救いとなる。かといって完全なカオスではなく、意味がわかりそうでわからないのがいい。「作曲者がわざわざ作曲する。演奏者が舞台に上がる。音が鳴っている。じゃあ何かしらの意味があるんだろう」という"思考の調性"からの脱却がそこにはある(これが言いたかっただけ)。

そして話は幸福論に飛躍する。社会には秩序が必要だ。しかし維持「される」秩序において、各人の役割は硬直的になる。これは、ある通奏低音の上では、ほぼ全ての和音が硬直的な性格を余儀なくされることによく似ている。あらゆる音は調性に基づき協和不協和に判別される。音が集まれば自ずと「消えるべき音」「変わるべき音」は出てくる。その疎外を正当化する調性は、音単体、和音単体で存在する限り認識し得ない相対的なものであるにも関わらずだ。調性を絶対視「できてしまう」のは人間のおかしさの一つだ。

しかも、調性感覚は時代を経て変遷する。現代人の耳は昔より平均律的だ。それに仮にたとえば53音平均律音楽が未来に流行した暁には、12音平均律は狂って聴けたものじゃなくなるかもしれない。そういう事情があってなお、今日人間は12音の調性音楽に感動できてしまう。現代の音楽観に飼い慣らされただけなのに。

僕は、全体として現代音楽が鳴り響く社会にこそ可能性を感じる。調性の排除された社会を見てみたい。そこでは誰もが均等に無意味だから、協和はその意味を長く保てないかそもそも意味を持てない。微分音にすら誰も文句は言わない。文句を言う基準(=調性)が見当たらないからだ。

歴史上通奏低音は鳴り止まず、調性破壊の試みは幾度となく失敗に終わってきた。だからこそだ。数十人の組織ならそれっぽいことも出来るだろう。しかし規模に欠ける。フェスティバル(祭り)の参加者の振る舞いは現代音楽的だ。しかし継続性に欠ける。国家規模の継続されたケースを見たい。

無表情で現代音楽を聴く未来人を想像する。そこでは意味のあることに意味がないのだ。かといって意味のないことに意味は勿論ないし、また意味を見出した途端それは意味のないものになる。そして最終的には意味という概念が消え失せねばならない。意味のなさを求めるのは既に意味だから。その時達成されるのは安息がないという安息だ。