理想主義者への施術について

「理想は叶うもの」と思い上がる能力は、歳を重ねるごとに衰えていく。「理想は叶わないもの」という判例が増えるにつれて。

自分という存在をきらびやかに飾り立てていた空想、夢想、理想、そんなものが次々に剥がれ落ちて、みすぼらしい矮小な自分をいつかは直視せざるを得なくなる。

ひとつの理想が朽ちた時、若さは別の新たな理想を見つけ次第身にまとう。自分自身の将来に可能性を見出しては今日の糧とすることの繰り返し。若さとは可能性への感受性の高さだ。

一通り理想の物色を終えた人間は老いている。視界は狭まり、気概は鎮まり、夢を掴む握力は脆弱そのもの。彼は疲れ果てている。自分という存在に関してあらゆる可能性が潰えていることを検証する為だけの生を振り返り、無力感に苛まれ、己の非才を恨みながらやり場のない負の感情を余生に抱く。

これは極度の夢想家の悲惨な末路の一例に過ぎない。理想と言う名の虚飾のもっともらしさ、心地よさに紛らわされて、実践的な生きる力を地道に養おうとしないことの弊害は人生後期にのみ現れる。あらかじめそれを予期することは役に立つ。

現代日本では、理想に酔うことは特に難しくない。ちょっと検索をかければすぐに「自分にも叶えられそうな非現実」に行き着けるし、その実現可能性をお膳立てるような書籍やビジネスも溢れている。しかし実現可能性を容易に認識できることと、実現が容易なこととは全く関係がない。ところが人間は概して、出来そうなことはやらずにはいられない。

そういう理由で夢想家は情報社会において、より「実現可能性の薄い理想」を抱きやすいと言える。この傾向性は情報の流動性に比例するから、今後さらに高まると思われる。

加えて、このネット社会。ネットを介して他者評価にさらされ、経済的成功者の半生やsnsアカウントに容易にアクセスできる(親近性が高まる)がために、幸福の参照点が高くなる。

するとどうなるか。まず、みすぼらしい自分を直視したくないが為の理想主義に拍車がかかる。するとますます、現在の自分のみすぼらしさを拭い去るための努力を重ねることが難しくなる。現実と理想のあまりにひどい乖離は、動機付けに負の作用をするからだ。慰めに、理想を強化する。より色鮮やかに、より華やかに理想を飾り立てている間には、自分が世の成功者達と対等以上になれている気がしてくる。

この病状は、理想を育てることの方に力が偏り過ぎている悪い兆候であると言わざるを得ない。

過度の理想主義という病巣にメスを入れるのは、①確かな判断力、②他者からの客観的なフィードバック、そして③加齢による達観である。

このメスに切り裂かれるのは堪らなく苦しい。自分の半身とも言える理想への否定は自らへの否定に等しいが、時が経てば必ず③による「手術」を経ることになる。

この手術は「見えざる手」によって行われる。つまり③は人間の普遍的傾向への屈服であり、神による理想主義への戒めである。

この施術を受ける頃には、もう何もかもが遅い。

この施術は、理想主義という病巣の横にある、可能性への感受性という器官をも切除してしまう。そうなったら後はもう、自分という存在に閉ざされるだけの退屈な余生、死を待つだけの生きる屍といっても過言ではない状態は免れない。

メスは自分で握ることだ。そうすれば可能性への感受性は残したままで、無茶な理想主義だけを根治できる。